• ホーム
  • 若がえり13の法則で血圧を安定させる・副腎との関係

若がえり13の法則で血圧を安定させる・副腎との関係

患者の血圧を測定する医者

若がえり13の法則という本では、コラーゲンの摂取がポイントだと書かれています。
朝一番にビタミンCが含まれているジュースと粉末コラーゲンを合わせて摂取することで、若がえることが出来るということです。
若返りは美容目的だけではなく、動脈硬化の予防にもなります。
動脈硬化になると体に様々な異変があらわれます。
血管が弾力を失うので血栓ができやすくなったり血管が狭まって血液の流れが悪くなり、高血圧になることもあります。
逆に高血圧が原因で動脈硬化になることもあります。
血圧を安定させるためには、何よりも血管に弾力があることが大切です。

コラーゲンは人体の結合組織で、全身に分布しているので、コラーゲンを摂取することにより、動脈硬化を防ぎやすくなるということです。
ただし、副腎による高血圧はこうした食物の摂取で治るものではありません。
副腎が原因で起こる高血圧は謎の高血圧と呼ばれており、生活習慣とは関係ありません。
副腎が分泌するアルドステロンというホルモンが副腎にできた数ミリの腫瘍から大量に分泌されてしまうことが、症状の原因だと言われています。

つまり副腎に腫瘍ができることが原因なのですが、なぜこれが起こるのかはわかっていません。
この高血圧の症状は「原発性アルドステロン症」と呼ばれています。
この症状は血液検査で発見することが出来ます。
治療方法は、腹腔鏡下副腎摘出手術というのを受けて副腎を抽出します。
費用保険適用で約20万円で、入院にかかるのは5~7日ほどです。
この症状は通常の高血圧よりも体に害を与える危険性が高いと言われているので、検査を受けて気づいたらなるべく早く対処するようにしましょう。

関連記事
  • 色々な薬と瓶
    トマトジュースで高血圧改善 生活習慣病としてよく知られるようになった疾患の一つが高血圧です。 日本には4000万人を越える患者が... 2019年06月07日
  • 電子血圧測定器
    妊娠性高血圧症候群の危険性 妊娠をすると体にはさまざまな変調が現れます。 つわりや便秘、下痢などになってしまったり、お腹が大きく... 2019年07月07日
  • 血圧を測定される人
    高血圧とうつについて 高血圧は生活習慣病の中でも最も多い病気となっており、患者のうちの30%がうつ状態になっているというこ... 2019年05月18日
人気記事一覧
最近の投稿