• ホーム
  • 妊娠性高血圧症候群の危険性

妊娠性高血圧症候群の危険性

電子血圧測定器

妊娠をすると体にはさまざまな変調が現れます。
つわりや便秘、下痢などになってしまったり、お腹が大きくなって腰痛が起こるなどの変化がありますが、妊娠性高血圧症候群もそのひとつです。
妊婦の20人に1人は起こるとされている症状です。
妊娠性高血圧症候群は妊娠20週~分娩後12週の間に高血圧がみられる、または尿タンパクが出ることで診断されます。
妊娠後期に発症化することが多く、重症化してしまうと母子ともに死に至ってしまう危険性があるのです。
妊娠性高血圧症候群になりやすい危険性があるのは、35歳以上の高齢出産をする人、肥満または肥満気味である、尿や歯周病などの感染症があり、糖尿病や腎臓病、初産婦や過去に妊娠性高血圧症候群になったことがある、多胎妊娠をしている、妊娠前から高血圧であったり、ストレスを多く抱えている場合に発症しやすいとされています。

症状は頭痛やめまい、倦怠感などのほか、むくみなどが上げられます。
むくみは基本的に妊婦の約30%は起こる症状のため見極めるには難しいので健診で血圧を測ってもらうことがおすすめです。
治療は主に食事療法で行なわれます。
重度の危険性がある場合には入院をして食事管理が行なわれることがあり、食事で改善がみられない場合には薬物治療が行なわれます。

予防方法としてはストレスを溜めずに塩分を控えめにした栄養バランスの良い食事を摂取し、適度な運動を行なってしっかり睡眠をとることが大切です。
妊娠前は健康でも妊娠によって体はさまざまに変化していきます。
重症化させないためには、食事や運動、睡眠などの基本的なことを心がけ、定期的に検診を受けて早期発見でリスクを減らしていくことが重要となります。

関連記事
人気記事一覧